顔が見えない電話面接!成功のための3つのポイント



就職活動の電話面接とは?

「面接」と聞くと机越しに面接官が座っている様子をイメージする方も多いのではないでしょうか。しかし近年、電話越しで面接を行う企業も増えてきました。「電話面接」とはその名の通り、対面でなく電話で行う採用面接のことです。顔が見えない電話面接だからこそ気を付けたいポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.電話面接を受ける場所

電話面接はわざわざ会社に出向く必要がないため、どこでも受けられます。だからといって場所を全く考えないとマイナスイメージを持たれてしまうかもしれません。電話面接を受ける場所として最適なのは自宅です。野外やカフェでは雑音が入りかねません。「面接官の質問が聞き取れない」「質問への回答が伝わりにくい」ということのないよう、静かな自宅で受けるようにしましょう。また自宅は、自身が一番リラックスできる場所であったり、サッとメモができる状態が整っていたりという点でもおすすめです。

2.明るいトーンで端的に!

電話面接では聴覚の情報でしか判断することができないため声のトーンで自分を表現することが大切です。表情や身振り・手振りが見えない分、ややオーバーなくらい明るくハキハキと話しましょう。自分で録音しながら練習するのもいいですね。また通常の面接と同様に、質問に対して端的に答えることも重要です。要点までの道のりが長いと、「結局何が言いたいのか」と思われてしまうほか、自分でも「何を言いたいのかわからなくなってきた」と戸惑ってしまいます。「明るく」「端的に」を意識して臨みましょう。

3.電話面接で聞かれる質問

電話面接で聞かれる質問は、通常の面接とほとんど変わりません。はじめてのことだと戸惑ってしまうかもしれませんが、変に構えることなく臨みましょう!

転職をするときの仕事探しは大変ですが、専門家に相談をすると、自分自身に合った求人を提案してもらえます。

Related Post

あなたにピッタリなのは!?ドライバーの仕事の種類を紹介あなたにピッタリなのは!?ドライバーの仕事の種類を紹介



以外に多いドライバーの仕事の種類 ドライバーの仕事と一口に言っても、仕事内容や給料の額は実に様々です。求人によって運転する車の種類も違いますし、必要な資格や免許なども変わってくるでしょう。仕事にやりがいをもち、そして楽し […]

ドライバーには資格が必要?知っておきたい2つのポイントとは!ドライバーには資格が必要?知っておきたい2つのポイントとは!



ドライバーには車の種類に応じた運転免許が必要 ドライバーの仕事をするためには何か特別な資格が必要なのかと疑問に思う人もいるでしょう。運転免許が必要というのは想像できても、自分は持っているから大丈夫だと考えるかもしれません […]