ドライバーには資格が必要?知っておきたい2つのポイントとは!



ドライバーには車の種類に応じた運転免許が必要

ドライバーの仕事をするためには何か特別な資格が必要なのかと疑問に思う人もいるでしょう。運転免許が必要というのは想像できても、自分は持っているから大丈夫だと考えるかもしれません。しかし、ドライバーとして働くためには運転する車の種類に応じた運転免許が必要になるので注意しましょう。一般的な普通免許で運転できる車であれば特に資格を取得する必要はありません。しかし、車が大型になると中型免許や大型免許などを取得しなければならず、車の最大積載量や車重、乗車定員に応じて選ぶことが必要です。業務内容によってはけん引免許や大型特殊免許も必要になります。どんな車を運転する仕事をしたいのかに応じて適切な免許を取得しましょう。

乗客を乗せるなら第二種免許が必要

ドライバーの仕事は車に何を乗せるかによって二種類に分類できます。運送業のように荷物を載せるという場合と、タクシーのように人を乗せる場合があるのは容易に想像できるでしょう。タクシーやバスなどで乗客を乗せる場合には通常の第一種免許では仕事をすることができません。仕事として人を車に乗せるためには第二種免許を取得することが義務付けられています。それぞれの第一種免許に対応する第二種免許があるため、普通自動車の第二種免許を持っている人が、大型第一種免許を取得しても大型バスで乗客を乗せることはできないので注意しましょう。目的に応じて適切な第二種免許を取得することでドライバーとして働けるようになります。

大阪のドライバーの求人には、安定した働き方が出来るものも増えてきています。日勤のみの働き方や、短距離のみのシフトを選べるところもあります。

Related Post

長距離トラックのドライバーになりたい!なるために必要なものを紹介します!長距離トラックのドライバーになりたい!なるために必要なものを紹介します!



働くために絶対に必要な免許とは? 長距離トラックのドライバーとして働くためには、当然ですがトラックを運転する免許が必要になります。トラックを運転するための免許は数種類ありますが、長距離トラックのドライバーに求められるのは […]

ドライバーの仕事は色々ある!ニーズの高い仕事は?ドライバーの仕事は色々ある!ニーズの高い仕事は?



ドライバーの仕事について知ろう ドライバーの仕事をしたいというときに何をイメージしているでしょうか。運送系のトラックのドライバーになることを考えている人もいれば、タクシードライバーとしてサービスを提供することを考えている […]